Forms

Overview

Mapping

play.api.data.Mapping[T] により、フォーム入力 Map[String, String] とデータオブジェクトの変換ルールを定義し、相互に変換を行なうことができる。

import play.api.data._
import play.api.data.Forms._
import play.api.data.format.Formats._
import play.api.data.validation.Constraints._

case class Item(id: Option[Long], code: String, name: String, price: Int)

val m: Mapping[Item] = mapping(
  "id" -> optional(longNumber),
  "code" -> text.verifying(pattern( """[A-Z][0-9]{5}""".r)),
  "name" -> nonEmptyText,
  "price" -> number(min = 1, max = 100000)
)(Item.apply)(Item.unapply)

play.api.data.Forms._ に、ほとんどのフォーム入力のフォーマットに対応したヘルパー関数が定義されているので、基本的にはそれらを使えばよい。

ObjectMapping

play.api.data.Forms.mapping 関数を用いて、play.api.data.ObjectMapping を生成する。フィールド型を保つために、フィールド数(最大 18)に応じた ObjectMapping(1..18) が定義されている。

  • 引数 1..n は (String, Mapping) で、フィールド毎のキーと変換ルールのペアを指定する。
  • 引数 n+1 は (A1, A2, ...) => R で、タプルからデータオブジェクトを生成する関数を指定する。
  • 引数 n+2 は (R) => Option[(A1, A2, ...)] で、データオブジェクトからタプルを抽出する関数を指定する。

データオブジェクトをタプルとするには play.api.data.Forms.tuple 関数を使えばよい。

// The following code should be replaced with using "tuple".
//
//   val m: Mapping[(Long, String)] = mapping(
//     "id" -> of[Long],
//     "name" -> of[String]
//   )((a1: Long, a2: String) => (a1, a2))((t: (Long, String)) => Some(t))
//
val m: Mapping[(Long, String)] = tuple(
  "id" -> of[Long],
  "name" -> of[String]
)
m.bind(Map("id" -> "123", "name" -> "Foo")) match {
  case Right(t) =>
    assert(t._1 == 123L)
    assert(t._2 == "Foo")
  case Left(_) =>
}

ただし Tuple1tuple 関数は提供されていないので、play.api.data.Forms.single を使う。

val m: Mapping[String] = single("name" -> of[String])
m.bind(Map("name" -> "Foo")) match {
  case Right(v) => assert(v == "Foo")
  case Left(_) =>
}

Maximum Number of Fields

ObjectMapping は最大 18 フィールドまでしか定義できないが、Mapping 型を持つので変換ルールとなりうるので、住所や確認入力などのグループで入れ子にすればよい。

入れ子に対するフォーム入力のキーは、address.street のようにドットで区切る。

case class Address(street: String, city: String)
case class User(name: String, address: Address)

val m = mapping(
  "name" -> text,
  "address" -> mapping(
    "street" -> text,
    "city" -> text
  )(Address.apply)(Address.unapply)
)(User.apply)(User.unapply)

m.bind(Map(
  "name" -> "Nested Values",
  "address.street" -> "1-2-3",
  "address.city" -> "Fukuoka"
)) match {
  case Right(user) =>
    assert(user.name == "Nested Values")
    assert(user.address.street == "1-2-3")
    assert(user.address.city == "Fukuoka")
  case Left(_) =>
}

入れ子になっているからといって、階層毎にデータ型が必要なわけではない。(apply|unapply) 関数を調整すれば、単一のデータオブジェクトに変換できる。

case class Item(id: Long, name: String, price: Int, description: String)

val m = mapping(
  "id" -> longNumber,
  "name" -> text,
  "meta" -> tuple(
    "price" -> number,
    "description" -> text
  )
) { (id, name, meta) =>
  Item(id, name, meta._1, meta._2)
} { (item) =>
  Some((item.id, item.name, (item.price, item.description)))
}

FieldMapping

play.api.data.FiledMapping は単一値のマッピングを行なう。

play.api.data.Forms.of[T](implicit binder: Formatter[T]) を用いる事で、型パラメータ T に応じた FieldMapping を生成できる。基本的な Formatterplay.api.data.format.Formats._ に暗黙パラメータとして定義されている。

import play.api.data._
import play.api.data.Forms._
import play.api.data.format.Formats._

val m: Mapping[(Long, String)] = tuple(
  "id" -> of[Long],    // play.api.data.format.Formats.longFormat
  "name" -> of[String] // play.api.data.format.Formats.stringFormat
)

固定値には play.api.data.Forms.ignored を使う。bind で上書きはされない。unbind 時には除外される。

val m: Mapping[(Long, String)] = tuple(
  "id" -> ignored(123L),
  "name" -> text
)
assert(Right((123L, "Foo")) == m.bind(Map("name" -> "Foo")))
assert(Right((123L, "Foo")) == m.bind(Map("id" -> "999", "name" -> "Foo"))) // id:999 ignored
assert(Map("name" -> "Foo") == m.unbind((123L, "Foo"))) // id:123 removed

RepeatedMapping

play.api.data.RepeatedMapping は、(List|Seq) へのマッピングを行なう。FieldMappingplay.api.data.Forms.(list|seq) 関数で括ればよい。

リスト値のフォーム入力のキーは tags[0], tags[1], tags[2], ... のように、インデックス文字列 [i] を付与する。

val m = tuple(
  "numbers" -> list(of[Int]),
  "tags" -> seq(of[String])
)

m.bind(Map(
  "numbers[0]" -> "123",
  "numbers[1]" -> "456",
  "tags[0]" -> "scala",
  "tags[1]" -> "play",
  "tags[2]" -> "framework"
)) match {
  case Right(a) =>
    assert(a._1 == List(123, 456))
    assert(a._2 == Seq("scala", "play", "framework"))
  case Left(_) =>
}

ユーティリィティメゾッドの RepeatedMapping.indexes により、Map[String, String] から、指定キーのインデックス値のリスト Seq[Int] を得る事ができる。キーは昇順ソートされ、重複キーは削除される。

val data = Map(
  "tags[0]" -> "foo",
  "tags[1]" -> "bar",
  "tags[2]" -> "baz"
)
assert(Seq(0, 1, 2) == RepeatedMapping.indexes("tags", data))

OptionalMapping

play.api.data.OptionalMappingOption へのマッピングを行なう。Mappingplay.api.data.Forms.option 関数で括ればよい。

play.api.data.Forms.default 関数を使うとデフォルト値を指定できる。内部的には Mapping#transformOption#getOrElse から変換しているので、FieldMapping ではない点に注意する。

case class User(id: Option[Long], name: String, activated: Boolean)

val m = mapping(
  "id" -> optional(of[Long]),
  "name" -> of[String],
  "activated" -> default(of[Boolean], true)
)(User.apply)(User.unapply)

Constraint

play.api.data.validation.Constraint[T] により、バリデータを作成できる。

import play.api.data.validation._

val yesOrNo = Constraint[String] { s: String =>
  s match {
    case "yes" | "no" => Valid
    case _ => Invalid("The string must be (yes|no).")
  }
}
assert(Valid == yesOrNo("yes"))

def range(min: Int, max: Int) = Constraint[Int]("constraint.range", min, max) { v: Int =>
  if (v >= min && v <= max) Valid
  else Invalid("error.range", min, max)
}
val validator = range(1, 10)
assert(Some("constraint.range") == validator.name)
assert(Seq(1, 10) == validator.args)
validator(0) match {
  case Invalid(errors) =>
    assert(1 == errors.size)
    assert("error.range" == errors(0).message)
    assert(Seq(1, 10) == errors(0).args)
  case _ =>
    assert(false)
}
  • Constraint[T].apply を使ってバリデータを作成する。引数には、値をチェックする関数 T => play.api.data.validation.ValidationResult を渡す。
    • 正常時には Valid を返す。
    • エラー時には Invalid を返す。
  • Constraint[T]#apply メゾッドで値をチェックして ValidationResult を受け取る。
  • バリデータのメタ情報を外部から参照できるように、Constraint[T].apply でバリデーション名と引数 Any* を定義することができる。入力のヒント文字列の組み立て等のために、外部用に提供する属性であって、バリデーションを行なう関数内から参照はできない。設定が冗長になるのを回避するには、Constraint[T] インスタンスを生成するヘルパー関数を定義するとよい。

Invalidapply メゾッドに play.api.data.validation.ValidationError を渡して作成する。メッセージと引数だけの apply も提供されている。インスタンスは Invalid#++ でマージできる。

val result1 = Invalid(ValidationError("error.foo", 1))
val result2 = Invalid("error.bar", 2, 3)
val result3 = result1 ++ result2
assert(Seq(
  ValidationError("error.foo", 1),
  ValidationError("error.bar", 2, 3)
) == result3.errors)

play.api.data.validation.Constraints._ に、基本的なバリデータは定義されているので、不足する場合に独自に作成すればよい。

import play.api.data.validation.Constraints.pattern

val alnum = pattern(regex = """^[A-Z0-9]+$""".r, error = "must be alphanumeric")

Working with Mapping

Mapping#verifying メゾッドで、フィールド値の制約を定義できる。

val m = tuple(
  "username" -> tuple(
    "main" -> text.verifying(pattern( """[a-z][a-z0-9]{4,31}""".r)),
    "sub" -> text
  ).verifying("error.username.sub", { v =>
    v._1 == v._2
  }),
  "age" -> number.verifying(min(0), max(100))
)
m.bind(Map(
  "username.main" -> "abc123",
  "username.sub" -> "abc12",
  "age" -> "26"
)) match {
  case Left(errors) =>
    assert(1 === errors.size)
    assert("error.username.sub" === errors(0).message)
  case Right(_) =>
}
  • Constraint[T] のインスタンスを可変長引数で渡す。
  • Constraint[T] の代わりに、T => Boolean の関数を渡すこともできる。値の制約は Constraint[T] を作るのがよいが、入力確認フィールドの状態など、マッピング全体の制約にはこの方法が良いだろう。
  • Constraint#apply で得られるエラーは ValidationError だが、Mapping#bind でのエラーは、エラーが起こったフィールドキーと共に、play.api.data.FormError に移し替えられる。

Form

play.api.data.Form は、Mapping をラップした HTTP フォームのモデルを提供する。Mapping はマッピングのみで状態を持たないが、Form は入力値やエラーを保持する。

val userForm = Form(mapping(
  "name" -> nonEmptyText,
  "age" -> number.verifying(min(0), max(100))
)(User.apply)(User.unapply))
val boundForm = userForm.bind(Map("name" -> "Foo", "age" -> "26"))
assert(Some(User("Foo", 26)) == boundForm.value)
assert(false == boundForm.hasErrors)

状態は持つが Form はケースクラス、すなわちイミュータブルであり、副作用のメゾッドは持たない。言い換えると Form#(bind|fill) 等で状態を更新する度にコピーされるので、スレッドセーフについては考慮しなくてよい。

Controller 内で利用する際、リクエスト毎に Mapping から Form を毎回組み立てるのはコストがかかるので、Controller のメンバー変数などに、初期値でインスタンス化したものを保持しておくとよい。

import models.Contact
import play.api.data._
import play.api.mvc._

object ContactsController extends Controller {
  val contactForm = Form(mapping(
    ...
  )(Contact.apply)(Contact.unapply))

  def entry = Action {
    Ok(views.html.contacts.entry(contactForm))
  }

  def submit = Action { implicit request =>
    contactForm.bindFromRequest.fold(
      formWithErrors => BadRequest(views.html.contacts.entry(formWithErrors)),
      contact => {
        // TODO: Do something with the value contact.
        Redirect(routes.ContactController.done())
      }
    )
  }

  def done = Action {
    Ok(views.html.contacts.done())
  }
}

送信されるフォームデータは、Form#bindFromRequest で暗黙パラメータの Request からバインドし、Form#fold で、エラー時と正常時の関数を定義しておくと簡潔に書ける。

Field

Form#apply メゾッドを介して、指定フィールドのモデル play.api.data.Field を得ることができる。フィールド状態の取得の他、HTMLの組み立てを想定した API が提供されている。

val itemForm = Form(mapping(
  "name" -> nonEmptyText,
  "tags" -> list(text)
)(Item.apply)(Item.unapply)).bind(
  Map(
    "tags[0]" -> "foo",
    "tags[1]" -> "bar"
  )
)

assert("tags_0" == itemForm("tags[0]").id)
assert("tags.0" == itemForm("tags[0]").label)
  • Field#id により、入力 HTML 要素のid 属性文字列を得る。フィールド名と同じだが foo.bar[0]foo_bar_0 に変換される。
  • Field#label により、フィールド名のラベルに対応するplay.api.i18n.Messages のキーを得る。フィールド名と同じだが foo[0]foo.0 に変換される。

FieldConstructor

views.html.helper.input

HTMLフォームフィールドのヘルパーとして views.html.helper.input が提供されている。

@(field: play.api.data.Field, args: (Symbol, Any)*)
(inputDef: (String, String, Option[String], Map[Symbol, Any]) => Html)
(implicit handler: FieldConstructor, messages: play.api.i18n.Messages)

views.html.helper.FieldConstructor を暗黙パラメータに持ち、ラベルやエラーメッセージを含めたフィールドブロックの HTML を組み立てることができる。

@helper.input(
  userForm("name"),
  'id -> "userNameInput",
  'size -> 30,
  '_id -> "userNameBlock",
  '_showConstraints -> false
) { (id, name, value, args) =>
  <input type="text" name="@name" id="@id" @toHtmlArgs(args)>
}
  • field: play.api.data.Field: 出力対象の field:Field オブジェクト
  • args: (Symbol, Any)*
    • '_id -> String: フィールドブロック要素の id 属性。入力要素の id 属性ではない点に注意。
    • '_label -> String: label 属性。messages のキーとしては参照されない。
    • '_help -> String: 入力ガイド文字列。messages のキーとしても参照される。
    • '_showConstraints -> Boolean: 入力ガイドを表示するかどうか?
    • '_error -> String: エラーメッセージ文字列。messages のキーとしても参照される。
    • '_showErrors -> Boolean: エラーメッセージを表示するかどうか?
    • '_(.+) -> Any: 独自 FieldConstructor へのパラメータ
    • id -> String: 入力 HTML 要素 (input/select/textarea) の id 属性
    • [^_](.+) -> Any: 入力 HTML 要素の追加属性
  • inputDef: 入力 HTML 要素の play.twirl.api.Html を返す関数
    • id: String: id 属性
    • name: String: name 属性
    • value: Option[String]: フィールド値
    • args: (Symbol, Any): 'id および '_* のエントリを除く追加属性の Map

暗黙パラメータの handler: FieldConstructor に対し、views.html.helper.FieldElements を渡してフィールドブロックの HTML 得る流れになる。

defaultFieldConstructor

FieldConstructor はデフォルトで、views.html.helper.defaultFieldConstructor を暗黙値として持っている。

独自の FieldConstructor を作成したい場合は、まず FieldElements から Html を返すヘルパーを作成する。

views/_helpers/customFieldConstructor.scala.html:

@(elements: helper.FieldElements)

<dl class="@elements.args.get('_class) @if(elements.hasErrors) {error}"
    id="@elements.args.get('_id).getOrElse(elements.id + "_field")">
    @if(elements.hasName) {
    <dt>@elements.name(elements.lang)</dt>
    } else {
    <dt><label for="@elements.id">@elements.label(elements.lang)</label></dt>
    }
    <dd>@elements.input</dd>
    @elements.errors(elements.lang).map { error =>
        <dd class="error">@error</dd>
    }
    @elements.infos(elements.lang).map { info =>
        <dd class="info">@info</dd>
    }
</dl>

任意のパッケージ内で FieldConstructor の暗黙値を定義し @import すれば良い。

@import views._helpers.fieldConstructor

views/_helpers/package.scala:

package views

import views.html.helper.FieldConstructor

package object _helpers {
  implicit val fieldConstructor = FieldConstructor(views.html._helpers.customFieldConstructor.f)
}

Twirl では @implicit* で始まる Reusable block を暗黙値として定義してくれるので、動的に組み込む方法もある。

@implicitField = @{ helper.FieldConstructor(_helpers.customFieldConstructor.f) }

明示的にフィールド単位で指定することもできる。この場合は play.api.i18n.Lang も必要になる。

@(userForm: Form[User])(implicit lang: play.api.i18n.Lang)
...
@helper.inputText(userForm("name"))(
  helper.FieldConstructor(_helpers.customFieldConstructor.f),
  lang
)