データベース操作

データベース設定

config/database.yml にデータベースの設定を記述します。

mysql2 アダプタを用いた場合の記述例です。

development:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: sandbox_development
  pool: 5
  username: root
  password:
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

test:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: sandbox_test
  pool: 5
  username: root
  password:
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

production:
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: sandbox
  pool: 5
  username: root
  password:
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

ActiveRecord::Baseestablish_connection メゾッドを通じて、この設定ファイルが読み込まれます。

#!/usr/bin/env ruby

require ::File.expand_path('../config/boot',  __FILE__)
require "active_record"

ActiveRecord::Base.establish_connection(YAML.load_file('/path/to/rails/config/database.yml')['development'])

adapter = ActiveRecord::Base.connection
result_set = adapter.exec_query("SELECT * FROM users")
....

Active Record Migraions

ActiveRecord::Migration の仕組みを用いてデータベース管理を容易にします。

データベース作成/削除

設定したユーザに、データベース作成権限があれば、rake コマンドで作成/削除ができます。

# データベース作成
% bundle exec rake db:create
# データベース削除
% bundle exec rake db:drop

テーブル作成

db/migrate/(バージョン番号)_create_(テーブル名).rb の命名規則でファイルを作成します。

products テーブルを例にします。

db/migrate/1_create_products.rb

class CreateProducts < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table(:products, :primary_key => 'id') do |t|
      t.string :code, :null => false, :default => ''
      t.string :name, :null => false, :default => ''
      t.text :description
      t.integer :price, :null => false, :default => 0
      t.datetime :open_date
      t.datetime :close_date
      t.timestamp :deleted_at

      t.timestamps
    end
  end
end

db:migrate でテーブルを作成します。

% bundle exec rake db:migrate

間違えた場合は db:rollback でやり直すことができます。

% bundle exec rake db:rollback
% vim db/migrate/1_create_products.rb
....
% bundle exec rake db:migrate